◇◆◇記録(日記)◇◆◇

(記事は最新の順に並んでいます)



2007/6/15
シャラ、虹の橋を渡った日。

PM17時すぎたあたりだったろうか、
急に土砂降り、雷がなり始め、と思ったら虹がでた。
こんなことってあるんだろうか。
2人でお骨を抱いてデッキにでて見上げた。




南側の窓一杯に、端から端まではっきり見える虹。
まるでマックスとリバーが導いてくれているみたいに
シャラが虹の橋を渡っていったのが見えた。

シャラ、もうどこも痛くもないし、苦しくもないね。
楽になって本当によかったね。
ぜったいに忘れない。
わたしたちのところに来てくれて本当に有難う、シャラ。
虹の橋で待っててね。。。



2007/6/14
まるで地獄の中にいるようなときでも、朝はくるんだなと思った。朝なんてこなければいいのにと思ったのに。何時間たってもシャラはずっと眠ったままだった。ただ、苦しみも痛みからも開放されて、楽になったように見えた。

これでよかったんだよね?
病院も、痛いの嫌いだもんね、シャラ。。。


シャラが大好きだった、ご近所のシェリーちゃん一家に知らせて、最後にシャラと逢ってもらうことにした。本当はお知らせしない方がいいと分っていたんだけれど、無理いってごめんね。。。それなのに来てくれて、泣いてくれて有難う。シャラもきっと喜んでるよ。本当に有難う。

葬苑でお別れをする時、
虹の橋を渡って、マックスとリバーと逢うんだよ。
私も後で必ず行くから待ってるんだよ。
と何度も何度も話しかけた。
そして、また何度も何度も「ありがとう」と叫んだ。



2007/6/13
AM9:15すぎに病院から連絡が入る。
「朝容態が急変して心肺停止してしまいました、
すぐにきてください。」

訳が分らずもう一度こちらから電話を掛けなおす。
どういう意味でしょうか?何かの間違いですよね?

「朝、呼吸が苦しくなっていて心肺が停止してしまったので蘇生も試みたり、あらゆる処置をしましたがだめでした。申し訳ございません。。。」

何度も何度も聞きなおしましたが、先生の口からはこの言葉ばかり繰り返される。。。夢を見ているのだろうか???

先生、そんなこと言わないで下さい。
昨日の今日ですよ?
こんなことってないでしょう?
そんなこと言わないで、なんとかお願いします。
私何でもしますので、どうか先生、お願いします。
先生、シャラを助けて下さい。
先生、お願いします。
先生、私この子がいないと生きていけません。
どうかなんとかお願いします。
おねがいします。。。。


延々とこんなことをずっと電話で話したと思う。
もっとしゃべったと思う。
嘘だと言ってほしかった。


それからどうやって電話を切ったのかも覚えていない。
どうやって病院に辿りついたのかもよく覚えていない。
道に迷いながらやっとシャラを迎えに行った。


眠っているみたいだった。
シャラ、起きなさい。迎えに来たよ。
おうちに戻ろう。。。
シャラ!シャラ!シャラ!
顔を摺り寄せても目を覚ましてくれなかった。。。


先生も泣いていた。
何も出来ずに申し訳ないと。


家に連れて戻り、お気に入りのソファーに寝かした。
呼吸しているようにしか見えない。
うそみたいだ。。。
信じられない。。。

旦那とわーわー泣きながら、最後の夜を一緒に隣に寝て過ごした。このままここにおいておきたい。離れたくない。。。私の愛する娘、シャラ。。。



2007/6/12
AM4時すぎ、1時間位寝ただろうか。
私たちは交代でずっと傍についていた。
朝一番で、紹介された手稲のえのもと病院へ。
抱っこして病院に入る。
血液検査、一切問題なし。
だが先生の所見によると「頭に何かしらの腫瘍があって神経に障っているかもしれない」とのこと。急いでCT検査(断層連続写真)をすることになった。
全身麻酔をする時、やっとシャラは動きが止まり、落ち着いた。。。ちょっとの間眠るんだよ。おやしゅみ。。。

午後診察室に呼ばれた。
「驚かないで下さいね。結論から言うと癌です。」

次々に開くパソコンの中の断層写真に、たくさん増殖した癌が見える。だがこれは転移したものだというのだ。うそでしょう?!?!

肺の断層写真を見る。
ふたつの肺のうち、ひとつがほとんど機能していないほど、癌が広がっていた。ここから脳に転移したらしい。

こんなに?!
なんで?!

私たちの質問に先生は答えた。
「たとえレントゲンを撮っていても見えないです。
肺がんは症状が出ないので、2, 3か月でこのような状態になります。」

手術で治るでしょうか。どのように治療しますか?
畳み掛けるように聞いた。

「ここまでくると手術はできません。。。
1, 2か月というところです。
ただ、腫瘍が膨張しているのでこれを引かせる為に薬を3日程入れてみて、またその後に相談しましょう。」

先生は優しく優しく私たちに説明した。
どうしたらいいのか分らなくなって、ただただ涙が止まらなかった。

まだ麻酔が効いているシャラのところに行くと、
一生懸命、頭を持ち上げて私を見て、足をばたつかせていた。
おなかを擦りながら、「シャラ、オヤシュミだよ、オヤシュミ。。。眠ってないからちょっと眠ろうね。」というと、すやすやと眠りに入った。


連れて帰りたいと話したが、薬を点滴で入れる為、このまま入院させた方がいろんなことができると言われ従う。

そうだよね、連れて帰ってもシャラが苦しむだけだもんね。すぐに迎えに来るからねと約束して病院を後にした。これが最後だなんて思ってもいなかった。なんとか腫瘍の膨張を食い止めて、家に帰ってきて、薬を飲みながら頑張ろうと思っていた。明日はシャラのオムツと、介助に必要なものを揃えようといろいろ計画しながら。。。



2007/6/11
朝めちゃくちゃ元気。しっかり歩いてた。
目が朦朧としている感じもなくなり、疲れが取れたんだなと見えて安心した。あとは首の痛みが早く取れればいいなと。。。

午後2時30分頃まで元気。食欲もあった。
だがこの時間を過ぎた辺りから、歩き方がおかしい。
後ろ足が交差する、フラフラしている、
寝ない、同じところを行ったり来たり・・・。
夕ご飯までまだ時間があるのに何故だろう。
こんなことは初めて。
いつも18時頃にご飯なのだが、ちょっと早めに、16:50にあげることにした。だが目がまた朦朧としている。いつも飛び跳ねるのに、伏せている。近くにご飯を持っていったとき、立とうとして倒れそうになった。びっくりして体を押さえた。座れない?!でも食べたい気持ちはあるようなので、伏せの体制のまま食べさせた。モリモリ全部食べた。お水も伏せの状態のまま飲んだ。でも上手く飲めない?!何かがおかしい。何かが。きっと寝ていないからだろうと思った。ご飯を食べたら寝るだろうと思っていた。だが寝なかった。。。食べる前と同じ行動をとっている。たまに数十分寝るのだが、また起きて、夜に寝るお布団と、リビングのソファーを行ったり来たり・・・
そして21時頃からいよいよ状態がおかしくなってきた。
意識がないのではないかと思うような歩き方に。
時間が経つにつれて後ろ足が立たなくなった。
これって眠たいのではないよ。。。
やっぱり何かおかしい。

リンクス病院に再度電話、夜間診察してもらう。
神経系かもしれないということで、神経に詳しい病院を紹介される。
それから次の朝まで苦しかったシャラ。
辛かったのに一生懸命頑張ったね。
本当に頑張った。



2007/6/10
ご飯以外は、この日もただただ寝ていた。
目が朦朧としていて、かなり眠たそうだった。
大嫌いな病院に行くといつもこのように疲れを引きずるので、
きっと疲れたのかなと思っていた。
でも目を開けていられないほどなのかと不思議に思い、
リンクス病院に電話して症状を話し相談。
「ご飯を普通に食べているようだったら大丈夫」
「何か体に問題があるのであれば食べることが出来ないはず」
とのこと。。。そうだよねと思って寝せておいた。
夕ご飯も元気よく完食。
ワンツーも異常なし。
早めに就寝させた。



2007/6/9
昨日よりもめちゃくちゃ元気。
朝も飛び跳ねて「早く食べさせて〜」とヒーヒー言っていた。
念のためにということでリンクス病院へ。
首の筋のある部分を触るとピクッとすることを先生が気づき、
「きっと寝違えただけかもしれません。
それで痛いから元気がないのでは。」
と言われて納得。
帰ってからも元気に飛び跳ねて食事をして、
普通にワンツーもして就寝。



2007/6/8
ご飯とワンツー以外は、何故か随分寝ていた。
午後、頭を触られるのを嫌がっていて、さらに、時々右側の首がピクッとするときがあり、おかしいなと思った。デッキに連れ出してもブルブルをしない。。。へんだ。
明日病院に連れて行く計画をする。



2007/6/7

シャラが元気だった最後の日の写真です。
何故かたくさん撮ってました。
ちょっと元気がないなと思っていましたが、
食欲旺盛だし、便も普通だし、一杯遊んだし。。。

立入禁止の場所をソーッと通過し、
旦那の仕事部屋の方をずっと見てたシャラ。







コングでひとしきり私と遊んで。。。
でもいつもみたいに興奮して走ってこなかった。。
きっと疲れて眠たいのかななんて思って。。。

翌日6/8は朝からずっと眠たそうで、寝ていました。



2007/6/4

夜は絶対にここでしか寝ません。
6年前に初めて来た時、ここで過ごしたからでしょうか。
「ちっちゃいハウス」というとここにステイします。


自分でスリッパを手で動かして、その上に寝ていることも。
何故か私のスリッパではなく、旦那の大きなスリッパの方。
ペチャンコになっているのですぐに分ります。


この三枚の写真が、症状が出る4日前の写真。
心なしか元気なく見えます。。。
もう具合が悪かったんだろうか。。。



2007/ 1/27

シャラ、7才になりました。
こんなに雪が少ない季節ははじめてかも。
降ってもすぐに溶けてしまって、
しゃら的にはとても不満だったと思う。

今年も鬼ごっこ、たくさんしたね。
「ワオーーー」と捕まえるフリをすると、
「捕まえられないわよっ」と逃げます。

人間の方が先に疲れてゼーゼーしてると、
シャラの方から「もう入ろうっ!」と、
デッキに勢いよく戻ります。



2006/10/24

探索犬ゴッコでひとしきり遊んだ後、
「ご飯まだ?」という顔。



2006/8/5

これもお気に入りの一枚で年賀状にも使用。
ここから庭を眺めて鳥たちをみたり、
隣のハスキーくんたちを見たり・・・



2006/7/16

ラベンダーの花が一番好きなコでした。
ほっておくといつまでも匂いを嗅いでいます。

「だからって挟まないでよ」・・・と言ってます。



2006/6/19

お気に入りの1枚。
年賀状にも使いました。
くりくりした目、お口周りの黒いプチプチ、
かわいくてたまりません。



2006/4/5

本当に6才???
いつまで経ってもまるでパピーのようにしか見えません。
飼い主ばかですよね。。。



2006/2/14

私は家の中。
デッキのドアを見るとシャラが・・・。
こうやって高い位置に登って家の中を見てるんです。



2006/2/5



ほんとに大雪。
迷路やかまくらもなくなってしまうほど。
しゃらにとったら幸せ気分♪
毎日毎日走って楽しそう。
でも鼻が痛そうです。。。



2006/1/11

2006年は5年ぶりの大大大雪。
走る、跳ぶ、走る、跳ぶ!!



2005/12/29

お腹をなでなでしてもらうのが大好き。
そのまま眠ってしまうことも。



2005/9

カゴを持てる様に特訓して
自由自在にもてるようになりました。
苦手科目だったのにえらい♪


2005/2/06

2005年、しゃら6歳。
今年の冬も走って、跳んで、幸せなシャラ♪







2004/2/28

外から仕事部屋を覗くシャラ。
デッキの手すりまで積もってます^^;



2004/11

今季、やっとたくさん積もりました。
嬉しくて嬉しくてしようがない様子♪
これから毎日お庭で走ろう!!

11/22 5才になりました(^_^)


2004/9.10

ある日の昼間・・・。
爆睡しているようです・・・。


2004/5

毎日パパとのお散歩♪ママはご飯支度です。


2004/1.1

Happy New Year!!2004!
初日の出ならぬ、初霧の朝(?)

窓から見える景色がとても綺麗で撮影。
今年も3人が元気でいれますように。
楽しく暮らせますように。


2003/12.25

Merry X'mas!! 2003!


今年もホワイトクリスマス。
クリスマスの今日はサンタのTシャツで
遊びました♪鬼ごっこで疲れてます・・。
疲れているのに、考えていることは一つ。
「ごはんちょーーだいワンっ」

↑マックスとリバーの大きな大きなソックスをUSAで作ってもらいました。1針1針模様をつけて縫うXmasソックスは 世界でひとつ。名前も入れてもらいました♪ テーブルの上に二つのソックスを下げて、5人でメリークリスマス!


2003/12.23

初雪が降ってから、庭で夜中に遊ぶひと♪
「やっと降ってきたワン」♪(^・エ・^) 

そうだね♪これからがシャラの季節!
たくさんお庭で走れるね!
雪投げ、鬼ごっこ、かくれんぼ、、、
今日はなににしようか!


2003/11.22

↑クリックしてね

シャラの4才の誕生日っ!!
4th Happy Birthday!!!
もう4才なんて信じられない気がする。
今では私たちの言葉もシッカリ理解して
言うことも聞けるようになったシャラ♪
私たちはワンとは思えないくらい愛しい。。
目の中に入れても痛くない。。
毎日こうして傍にいてくれて本当に有難う。
これからもずーーっと一緒に歳を重ねていこうね。
マックスたちの分も生きていこうね。
大好きな、大好きな、愛するシャラへ♪
今日は本当にHappy birthday!!

(battyくん、メッシュベスト有難う!!)


2003/10.2


緑にホワイトラブ、映えます♪



定位置でのワンツー。失礼!!



2003/7.30

我家のメインTreeのプンゲンストーヒ。
庭の一番いい位置にスクスクと育っている。
毎年春遅くから少しずつ伸びてる♪
黄緑色からシルバーに変化した新芽が
5cmも伸びる。離れて見るとシルバー色☆
このトーヒのお陰で、リビングからの景色は
隣の家屋をさえぎり、いい感じになる。
どこまで大きくなるのかなぁ・・・


2003/6/8

この頃おニューのベットがお気に入り♪
窓から日が差込む場所においているので
午後のお昼寝タイムにはこれでスヤスヤ・・・

少し小さかったのだが、ちゃんと納まるように
体の向きを上手にかえて寝る姿がかわいい♪



2003/1/12

sherryちゃん & sharaの雪上OFF会!
久しぶりに愛しのおねーさまに会ったのに・・・(^^;
必ず二人のオフ会はボールのとりあいで幕が上ります!
シャラはボールをとれなくなるとすぐにコノあり様・・・
シェリーちゃんは何故かお構いナシ・・・
嫌がる素振も見せません・・・

ん?!なにをしているのかって?!
上の↑お写真をクリックしてみてください・・・
ちなみに上がシャラ(♀)・・・
本人の名誉にかけていえば・・・
人間様には一切しましぇん(^^;

とにかくとっても楽しい1日でした〜!
シェリーちゃんまたよろしくねっ♪


2003/1/1元旦

shara 3才の元旦
庭でバカッ走りして、必ずクンクンと庭の隅々までチェック(^^;



家に入るとまず匂いをかぎ分け・・・
「あたちのごはんはまだ?」
そのまえに、あけましておめでとう〜!


2002/12/24

2002年のクリスマスイヴ
例外はなくホワイトクリスマス☆
今年は窓から撮影してみました・・・


コングかじってるの♪


先月は3才の誕生日を迎え、益々おちついた気が・・・
2002年をふり返ると、病気もなく、体調を崩すこともなく
頑丈になった気もしてます。
1日1日、大切に生きていこうねっ!シャラ♪


2002/1.20

◆シェリーちゃんとの雪上オフは こちら



2001/11.22

◆シャラのバースディにプレゼントたくさん頂きました。
写真はこちら






2000/ 5



◆シャラがうちに来る前(5か月)の時の写真。
ブリーダーさんから頂いた貴重な写真です。



◆2000/ 5.23(火)
シャラがうちに到着した時の写真。
6か月でした。
14:35の飛行機で千歳に到着し、迎えに行きました。


◆シャラのその他の写真はこちら







Copyright(c) 2001. yellow house shara-mama.
All Rights Reserved.




女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス